リサイクルショップ店員のシンプルライフ

捨てのプロ リサイクルショップ店員のモノとの付き合い方

猛烈に部屋を片付けたくなる本 5選

こんにちは。

 

ぼくが必要最小限のモノで暮らすミニマリストの生活に憧れるようになるきっかけをつくった本をご紹介いたします。

 

 

①わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります/ゆるりまい

「捨て変態」と自称し、まるでモデルルームのようにモノが少なくすっきりした部屋に住んでいるゆるりまいさんのコミックエッセイです。
彼女が「捨て変態」へと変貌を遂げていく過程やモノが少ない部屋での家族の暮らしの様子、お気に入りのモノへのこだわりなど、コミカルに描かれています。

また、部屋の写真も掲載されていて、衝撃を与えます。

本当になんにもないんです・・・。

コミックということで非常に読みやすく、片付けが楽しくなる一冊です。

 

 

②ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ/佐々木 典士

ミニマリストという生き方を一気に世の中に広めた佐々木さん。

机も椅子もなにもないがらんとした部屋でぽつんと座る佐々木さんの姿はまるでお坊さんのよう。

モノや情報が溢れかえっている現代で、大事なものが何なのか見えづらくなっている。

欲しいものを買っても、また欲しいものが出てくる。さらにそれを超えるものが欲しくなる。物欲は際限がなくてモノを手に入れることでは幸せになりづらい世の中。

無駄なものを削ぎ落としていった先に自分にとって本当に大事なものは何か、必要なものは何かが見えてくるのだと、幸せの探し方を教えてくれる一冊。

 

 

佐藤可士和の超整理術/佐藤可士和

 ユニクロ楽天セブン&アイ・ホールディングスなど多くの有名企業をブランディングし、世界的に有名なアートディレクター佐藤可士和さんが書いた整理術についての本。

これまでに携わったクライアントの事例や自身の生活をもとに、クリエイティブ、ビジネス的視点から整理について語っています。

特に面白いのが思考の整理という考え方。エッセイ本や主婦の片付け本にはまず出てくることはない項目。

第一線で活躍する彼が実際にビジネスやコミュニケーションで用いている思考のプロセスや手法について紹介しており、どのようにクライアントの問題解決に導くのかわかりやすく説明されています。

 

 

④人生がときめく片づけの魔法/近藤麻理恵

2015年に米国「TIME(タイム)」誌 世界で最も影響力のある100人に選出された片付けコンサルタント近藤麻理恵さん。何よりもインパクトを与えたのはモノを捨てるときの基準。

それは「ときめくか、ときめかないか」。

この本を読むまではモノを捨てるのに罪悪感を感じることも多かったのですが、この本を読んでからは気持ちよくモノとさよならできるようになりました。

不要なものには「ときめきを与えてくれてありがとう」と感謝を伝えてさよならをするようにしています。

 

 

⑤モノを持たなければお金は貯まる/あらかわ菜美

 

モノを所有することはお金がかかっているということを教えてくれる本。

モノを所有することはスペースが必要でモノに家賃をかけている。

モノは処分するときにもお金がかかる。ある意味負債にもなりうる。

使うものにこそが価値があるのだと気づかせてくれる。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

これらの本を読むと猛烈に片付けがしたくなってきます。

片付けの考え方や手法を学んで整理された部屋を目指しませんか。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする