読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リサイクルショップ店員のシンプルライフ

捨てのプロ リサイクルショップ店員のモノとの付き合い方

洋服は定価で買えない

こんにちは。きょーちゃんです。

 

もうすぐクリスマス、年末ということもあり、様々なお店でクリスマスセールや年末売り尽くしセールが開催されています。

特に洋服はシーズンで商品が入れ替わるのでセールの値引き率も大きいですよね。

 

僕はリサイクルショップで買取の仕事をするので、価格には非常に敏感です。

定価だけでなくセールによる割引等も考慮して値段を出していくので、ブランドによる値引きの傾向の違いやセール価格で販売しているインターネットサイトなども詳しくなります。

 

 

流行の移り変わりが早いレディースと違いメンズの洋服は定番の形がある程度決まっています。

そのため、昨年の型落ちの洋服、アウトレット品だからといってマイナス要素はほとんどないと言っていいでしょう。

それならば、定価で洋服を買うのが馬鹿らしくなってきます。

そのブランドが大好きで応援しているとか、その時しか買えない限定モデルの品物であるとか、これでなくてはならないと強く思うほどの理由がないと僕は定価で洋服を買うことができなくなりました。

 

 

さらに中古になると、その販売店のセール価格より安くなります。

中古品は1点ものなので良いものに出会うことができるかどうかは運ですが、気に入るものに出会うことができれば確実に安く手に入れることができます。

また、値段が高くて手が出せないようなハイブランドの洋服も中古価格なら手が届くのが一番魅力的なところです。

 

新品だけどそこそこのブランドの洋服を着るのか、中古だけどハイブランドの洋服を着るのか好みは分かれると思いますが、コートやジャケットなど長く着るものであれば僕は後者の立場になります。

 

中古とはいえ未使用品やほとんど着ておらず非常に程度の良い物など、中古であることがほとんど気にならない洋服もあるので、そうしたアイテムを選べば中古でも愛情をもって大事に着ることができると思います。

 

 

次の回で洋服が安く買えるおすすめのインターネットサイトをいくつか紹介したいと思います。

 

 

広告を非表示にする