読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リサイクルショップ店員のシンプルライフ

捨てのプロ リサイクルショップ店員のモノとの付き合い方

モノの処分の仕方いろいろ

こんにちは。

 

日々モノと向き合っている僕ですが、モノの手放し方は様々です。

モノを処分するとき様々な方法がありますが、どの方法にもメリット・デメリットがあります。

いくつかの方法について考えてみたいと思います。

 

①単純にゴミの日に捨てる

ゴミの日にゴミ捨て場に出すだけなので一番簡単な方法です。

分別が必要だったり、資源や衣類はひもで縛らなければならなかったり、住んでいる市町村によって決まりはありますが、これでほとんどのものが処分できます。

デメリットは市町村によっては粗大ゴミの処分や指定ゴミ袋の購入にお金がかかること、ゴミの日まで保管しておかなけらばならないということでしょうか。

 

 

 

②ネットオークションで販売する

ヤフオクやモバオクなどのネットオークションで不用品を出品するという方法です。

高額なブランド品やコレクターの集まるアイテムなどに最も効果を発揮します。

中古販売価格で売ることができるので最も高い金額で売れる可能性が高いです。

また、即金でお金が手に入るのも嬉しいポイント。

僕はあるバンドの限定ライブで配布されたトートバッグを出品したところ、4,000円で落札されてびっくりしました。

タダでもらったものがお金になるなんて。

 

 

しかし、販売につなげるには会員登録、プロフィールや発送方法、商品画像・内容説明の記載、など準備が必要です。

また、始めたばかりの時は取引の評価がなく信用を得られないため、買い手も付きづらく、なかなか売れなかったり、相場よりも安い値段で落札されてしまうこともあるでしょう。

また、販売につながった場合、落札者と支払方法などのやりとり行ったり、商品発送の準備をしたりと手間がかかります。

 

一度出品の流れや売買のやりとりを習得してしまえば難しくはありませんが、めんどくさがりの人はちょっと大変かもしれません。

 

 

 

③フリマアプリで販売する

メルカリやフリルなどが有名ですが、フリマアプリはネットオークションに比べてスマホで簡単に出品できるので初心者でもらくらくです。

また、売買のやりとりもLINEのトークみたいな感じですし、お金のやりとりは間に運営会社が入ってくれるので安心です。

初心者の人が圧倒的に多いので、写真の撮り方や商品説明を工夫すれば差別化できます。

僕もメルカリとフリルで100点近くモノを売ることができました。

 

ただ、フリマという性質上値引き交渉は避けられません。

購入希望者との駆け引きが必要になります。

当然中古相場に合わせた価格設定にしなければ買い手はつかないので、ある程度の経験と知識は求められると思います。

また、秒単位で何十件も出品が行われているので、新着画面に自分の商品が表示される時間はほとんどありません。

ネットオークションでも同様ですが、いくらお手軽に出品できるとはいえ検索に引っかかるようにきちんと商品説明を行う必要があります。

 

 

 

④リサイクルショップに売る

家具や家電などの大型品の処分をしたい人、ゴミの日まで待ちたくない人、オークションやフリマアプリが面倒な人などにおすすめです。

リサイクルショップに売る最大の利点は、モノを店舗に持っていって査定時間待っているだけでお金になるという点でしょう。

また、雑貨や衣類などネットオークションに出品するほどの値段がつかないモノの処分にもぴったりです。

手に入るお金は買取価格なので購入した時の金額と比べればぐっと落ちることがほとんどですが、少しでもお金になれば嬉しいですよね。

 

大型品を売りたい場合は出張買取を行っている企業もあるので、それを利用すれば運搬・処分費用が浮かせますし、引越しでモノを減らしたいときには最適です。

 

 

 

皆さんの性格や不用品の特性に合わせて処分の仕方を考えてみてください。

広告を非表示にする