読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リサイクルショップ店員のシンプルライフ

捨てのプロ リサイクルショップ店員のモノとの付き合い方

部屋に彩りを与えてくれるマリメッコのファブリックボード

インテリア

こんにちは。

 

モノを減らして部屋がシンプルになってくると、部屋の中から色がなくなってきます。

派手な色のものは刺激が強かったり、飽きやすかったりして、だんだんとナチュラルな色のモノを好むようになりました。

イメージとしては無印良品の店舗のようなイメージです。

 

しかし、無印良品の店舗とは違い、モノが並ぶ量が少ないので部屋が殺風景に感じるようになってきます。

どうすればもっと彩りを加えて元気の出る部屋にできるのか考えてみました。

 

 

①植物を育ててみる

植物を育ててグリーンを加えると雰囲気も出るし、癒されるのかもしれませんが、水をあげたり日に当てたりするのがめんどくさい。虫が寄りやすくなるかもしれない。

僕はめんどくさがりで虫は大嫌い。

植物案は却下。

 

 

 

②雑貨を置いてみる

お気に入りの雑貨やコレクションを並べれればテンションが上がるのではないか。

実際に置物をキャビネットの上に設置してみたこともありましたが、掃除するときにその置物をどかさなければならない。その雑貨自体がホコリを被る。

掃除をするときの効率の低下を引き起こし、かえって苛立ちを感じてしまうため雑貨案も却下。

 

 

そんなことを考えているときに出会ったのがマリメッコのファブリックボードです。

そもそも僕は北欧の雑貨や食器、テキスタイルはすごく好きで、いつも雑誌なんかを見ては欲しいなあと思っていたので、当然マリメッコも大好き。

壁にかけるものなので、掃除のときにいちいち動かす必要もなく、ボートの上に溜まるホコリをとるだけ。掃除もらくらくです。

f:id:kchair:20161017140642j:plain

雨の日で気持ちが乗らないときは、明るい色のものを見ると交感神経が上がって、やる気が出やすくなるとか。

僕のお気に入りの一つです。

 

 

他にもいろんなサイズやカラーがあるので、いろんな部屋に配置したくなってしまいます。

 

 

 

次はトイレに飾ってみようかな・・・。