リサイクルショップ店員のシンプルライフ

捨てのプロ リサイクルショップ店員のモノとの付き合い方

なぜベッドの買取をしていないリサイクルショップが多いのか。

f:id:kchair:20170209233557p:plain

https://www.pakutaso.com/20170148020post-10074.html

 

こんばんは。

 

一人暮らしでワンルームや1Kに住んでいると、どうしても場所をとってしまい、部屋に圧迫感をもたらすのがベッドです。

数か月前に引越しをしたのですが、その際にそのままの状態では部屋から出すことができないため、フレームを解体して運び、転居先で再度組み立てなおすという作業を見ていたらベッドがあることが煩わしくなってきました。

もっと身軽に動きたい。

 

生活で使用するスペースも含めるとベッドは3畳くらい占有していると考えられます。

もし6畳の部屋に住んでいたら半分の家賃をベッドに取られているという計算に…。

しかし、簡単に捨てられないのがベッド。

 

 

リサイクルショップでもベッドの取り扱いをしているところは少ないのではないでしょうか。

私の職場にもよく「ベッドの買取はしていますか?」という問い合わせは来ますが、すべてお断りです。

なぜベッドは買取してもらえないのでしょうか。

 

 

①パーツの欠品が多い

ベッドを部屋から出すとなるとフレームを一度解体することになるでしょう。

その際に、必要なねじやダボがなくなってしまうリスクが高いのです。

買取した後に組み立ててみたらパーツがないという事態は避けたいわけです。

 

 

②売り場の面積を圧迫する、売り場面積に対するコストパフォーマンスが悪い。

ベッドは面積をとります。そのくせによく売れるアイテムではありません。

ベッドを置くくらいなら、もっと少ない面積の使用で効率よく販売できるアイテムを展示した方が売り上げにつながります。

 

 

③マットレスはスプリングが劣化している可能性が高い

ベッドは毎日使うものです。スプリングの劣化が予想されますし、もし汚れがあれば衛生的な抵抗感が強くなります。

 

 

 

 

早くベッドを処分して部屋をすっきりさせたいなあ。