リサイクルショップ店員のシンプルライフ

捨てのプロ リサイクルショップ店員のモノとの付き合い方

モノを捨てるとお金が貯まるというのは本当だった

こんにちは。

 

片付けや断捨離、ミニマリストの本を読んでいると「モノを捨てるとお金が貯まる」と書いてあることがあります。

半信半疑でしたが、実際に自分が暮らしをシンプルにしてからその効果がわかるようになりました。

僕の場合は一人暮らしのサラリーマンで給料も一般の販売員程度なので、大きな額が貯まったということではありません。

金額が問題なのではなく、お金に対する向き合い方が変わりました。

 

 

①モノはお金が姿を変えたもの

家の中にありふれている様々なモノたち。自然にモノが家に入ってくることはありません。ほとんどすべてのモノが自分で購入したものです。

なぜ山ほど販売されているモノのなかでこれを買ったのか、真剣に考えるようになりました。

自分で気に入っているモノや生活に必要なモノは良いのですが、セールで安かったから・自分をよく見せるため(見栄)、必要だと思ったけど使わなかった、理由もわからない、など明らかに無駄遣いと思われるモノがたくさん出てきました。

モノを整理すると「本当に自分に必要なのか」という観点で買い物をするようになり、無駄な買い物が減りました。

 

 

 

②モノの収納場所・量を把握することで無駄なストックを増やさない

よく日用品でやってしまうのが、家に持っているのにそれを把握していないために同じものを購入してしまうということでした。

シャンプーが切れたなと思って薬局で買って帰ってみたら、洗面台の下の引き出しにストックがしまってあったとか・・・。

モノがどこに収納されているのか、どれくらいの量を所持しているのか把握していないために発生する無駄遣いです。

また、多くストックを持っていると「まだあるからいいか」と贅沢に使いがち。

コンビニは24時間やっているし、ネット通販もすぐに届けてくれる時代。過剰にストックする必要はありません。切れたら買うくらいがちょうどいいのです。

 

 

 

③お金の使い方が変わる

モノを整理して部屋がシンプルになってくると、自然と自分のお気に入りのモノが残ります。そうすると、自分が本当に気に入ったモノだけで揃えたくなってきます。

安いモノで埋め合わせするのではなく、長持ちするモノ、使い勝手が良く機能性が高いモノ、飽きの来ないデザインのモノなど質の良いモノを求めるようになります。

 

質が良いということは当然値段は高くなってしまうのですが、長く使うのであれば結果的に安く済むと考えることもできるし、何より自分の気に入ったものですから使うたびに気持ちが高まります。

「安物買いの銭失い」が一番いけないのです。

 

 

 

お金と向き合うきっかけとして片付け、断捨離は効果的だと思います。

お金で悩んでるときは片付けをするといいかもしれません。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする